2014年09月04日

「おちくぼ」をつれづれにまとめる(1)

OP.JPG

無事に「おちくぼ」が終了しました。

ご来場いただいたみなさま、関係者のみなさま、
本当にどうもありがとうございました。

総括というほどたいしたものではありませんが、
9月に入りいろいろ考える余裕も出てきましたので、
つれづれにあげていくことでまとめとしたいと思います。

という建前のもと、もうすこし本作の余韻にひたってしまおうという魂胆です。

「ひとつ終わったら間をおかず次の作品!」というのが
表現者としては健全なのかもしれませんが、
最後まで本作を堪能してから今後のことを考えたいと思います。



■タイトルについて

けっこう思い切ったタイトルをつけました。
アンケートに指摘がありましたが、
「おちくぼ!」だったら萌えアニメっぽくてよかったと思います。

ネガティブな落窪、しっかり者の阿漕、色好み道頼、
気苦労の多い帯刀、気位高い蔵人、ボケ老人典薬輔、
お人好し和泉使者、マイペース少納言、
わがまま四の君、恐怖の北の方…。

今からでも誰か絵の得意な人が四コママンガにしたら
非常によいのではないかと思っています。

実際、萌えアニメの要素はけっこう意識しており、
登場人物を全員可能な限りかわいらしく書くというのは
今回の重要なテーマのひとつでした。

それでも「おちくぼ!」にしなかったのは、理由があります。
「!」をつけると三谷幸喜さんの脚本っぽくなってしまうからです。
「新撰組!」とか「オケピ!」とか。

エンプロ当初から、三谷作品の書き方を参考にして作っている部分も多いので、
遠藤の独自色を出していくために「!」をつけるわけには行かなかったのです。
心意気の問題です。

結果、あまりコメディっぽいタイトルではなくなりましたが、
つかみどころがないのに落ち着きのある語感が
自分にはあっているように思いました。

(つづく)


posted by エンプロ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | おちくぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。