2015年07月08日

なぜダブル&トリプルキャスト?

今回は再演です。

エンプロ過去16回の公演で、再演は1回だけ。

それもほとんど書き直したから、
正確な意味での再演は初めてかもしれません。


エンプロは遠藤の脚本を上演するために作られた集団ですから、
「脚本が売り」と言うことができます。

小説や映画と違って公演後は何も残らない
演劇という表現において、脚本だけは手元に残ります。

演劇はとにかく手間のかかる表現なので、脚本が売りならば、
もっと再演をやっていてもいいんじゃないかと考えるのが自然です。


しかし、一方でエンプロは
そのときそのメンバーでしかできない作品を
作る団体でもあります。

喜劇において配役はとても重要なので、
自信のある本があっても人を集められなければ再演はできない。

ただ、それで「できないできない」と言っているだけでは
進歩がありません。


そこで、今回は過去の脚本を活かす「再演」と
エンプロの一期一会精神を満たす「ダブル&トリプルキャスト」の
両方をやってみようと思いました。

手間をかける場所を少し変えてみたという感じです。
単に極端なことが好きなだけだ、という解釈も間違ってませんけど。

結果、「どこから見ても大丈夫」な隙のない配役が出来たと思います。
各上演回ごとに配役が異なりますので、2ステージセット券も用意しました。
ぜひご利用ください。

初めての方も、初演をご覧になった方も、どなたでも楽しめる喜劇です。

みなさまのご来場をお待ちしております。

WTキャスト表.jpg

※2ステージセット券は1セット3000円。
 通常の前売り券を2枚買うより1000円もオトクです!
>予約フォームはコチラ<

《トリプルキャスト》
阿部 祐子
 7日20時、8日19時の回に出演
後藤 貴子
 6日20時、9日13時の回に出演
金子 綾香
 8日14時、9日18時の回に出演

《ダブルキャスト×2》
山崎 孝宏 & 塚本 雄介
 6日20時、8日19時、9日18時の回に出演
村上 義典 & 櫻井 保一(yhs)
 7日20時、8日14時、9日13時の回に出演

《ダブルキャスト》
池江 蘭
 8日14時、8日19時、9日13時の回に出演
寺地 ユイ
 6日20時、7日20時、9日18時の回に出演


posted by エンプロ at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雨夜のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。