2015年09月08日

エンプロ、2015年をふりかえる(7)

また時間が空いてしまいました・・・。

公演が終わっても、なかなかまとまった時間がとれません。

人生ままならないものですね(話を一般化してウヤムヤにする作戦)。


前回からの流れで役者さんを順番にご紹介しつつ、裏話などを披露したいと思います。



はい。まずこのおふたりから。

IMG_2357.JPG

まずはエンプロが誇るコメディエンヌ、長麻美さんです。

エンプロの看板女優ということはひとまずおくとして、なぜ再演かつダブル・トリプルキャストの話の続きでこの人からなのかを説明します。

再演かつダブル・トリプルキャストのお芝居を稽古するときに何が起こるかちょっと考えてみてください。

役者間の練習時間に驚くべき格差が生じるのです。

「トリプルキャストは練習時間が1/3になって大変!」というくらいならすぐ想像がつくと思いますが、反対に「初演経験済み、ダブルキャストなし」の役者がどうなってしまうのか。

はい。完全に休む時間がありません。相手役をとっかえひっかえ、同じシーンを延々やることになるのです。

そして、彼女はもともとセリフ覚えが早い上に初演経験済みですから、稽古初期段階でほぼ台本が頭に入っている状態です。

とても他の人と同じペースでなんか稽古できません。

そこで、彼女には独自の役割が求められることになります。

それは「とにかく動く」ということです。

ドタバタコメディとは言うものの、所詮ホームドラマです。人が動かなきゃ地味になってしまいます。

初演時から培ってきた演技プランに磨きをかけ、まだセリフや動きの入っていない役者たちの間を縫うように動く、動く。

IMG_2354.JPG

IMG_2348.JPG

IMG_2355.JPG

この相手役との温度差。多少稽古場で浮いてしまうのは致し方ないことです。

こうしてマラソン大会のラビットのように周りのペースを引っ張ります。

もちろん本番手前で調整するんですが、それまで、それはそれは孤独な作業だったと思います。

ましてや、彼女が演じる田辺葵は序盤に出てきて一回しか退出せず、ほとんど客前にいます。

役柄上は完全に部外者なのにね。

最初からある程度セリフや動きが入っているというのは、楽だと思われるかもしれません。

しかし、先頭には先頭ゆえの風当たりの強さがあるのです。

走りきってくれて、ほんとに感謝感謝です。



次は「初演からのお付き合い」つながりということで城島イケルさんのお話です。

IMG_2358.JPG

いまさら遠藤ごときが紹介するのもおこがましい人生の大先輩。

かつ、売れっ子役者でもあります。

「雨夜」の前に出演されたのが、yhs『WORLD IS  MINE』

演出でコンカリーニョのほぼ天井から、ワイヤーに吊られて舞い降りるという無茶をされていました。

そのyhsの楽日が7/19。そして「雨夜」の初日が8/6ですから2週間ちょっとしかあいていません。

いくら初演に出演されているとはいえ、それは9年前の話。

セリフ量もけっこう多めだったので、実際のところ、こっちのほうがよっぽど無茶だったような気がします。

動きのあるシーンでは、結構乱暴に扱われてましたし。

IMG_2359.JPG
※みんな、細心の注意をはらって乱暴に扱ってました。

城島さんには、お父さんの潤一郎役を演じていただきました。

本作品の感想で「悪人がいないのがいい」と書いていただいた方がいらっしゃいましたが、客観的かつ冷静に「雨夜」を俯瞰したときに、ほんとうに悪い人間がいなかったかというと、そうではありません。

城島さん演じるお父さんは、浮気はするわ、すぐ調子に乗るわ、反省しないわで、本当ロクなことをしていません。

IMG_2360.JPG
※潤一郎はマッサージを申し出た。

しかし、それでもお客さんのなかで潤一郎が嫌いだった人はいるんでしょうか。私はいないと決め付けます。

それは城島さんの人間力としか言いようのないものです。

今回の「雨夜」の雰囲気を作った決定的な色は、城島さんの色だったと思います。

つまり、城島さんは「雨夜」のマスコットキャラクターとして突出した魅力を発揮してくれたのです。感謝。

そんな城島さん、今度は10月16日よりwords of hearts『フライドエッグジェリーフィッシュ』にも出演されます。

依然、売れっ子です。yhsで還暦記念公演をしたのは、ほんと何年前でしたっけ。

再々演のときも是非お願いしたいと思います。笑


さて、次はなにつながりで誰のことを書こうかな。

(ペース配分を完全に間違えていることには気づいております)

posted by エンプロ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425577007

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。